アスミールって何歳から何歳までにおすすめ?

アスミールって何歳から何歳までにおすすめ?

背を伸ばすには成長ホルモンが重要であることはよく知られています。

 

カルシウムやたんぱく質など成長に必要な栄養素をきちんと取っていたとしても、成長ホルモンの分泌なくして身長は伸びないのです。

 

しかし、カルシウムなら牛乳、たんぱく質なら肉や魚など分かりやすい食品がある栄養素に比べて、成長ホルモンは何を食べたらよいのか分からないという人も多いでしょう。

 

アスミールは成長応援ドリンク!

「アスミール」には、カルシウムの中でも体内での吸収率が格段に高いトリプルカルシウムが配合されていることに加えて、成長ホルモンの分泌を促す成分がきちんと入っていると言われています。背が伸びる伸びないには遺伝的要素や子どもそれぞれの時期というものがあるとは言うものの、こうした成長応援ドリンクを飲むことでも一定の効果があるようです。

 

アスミールはいつからいつまで?

アスミールは、具体的に何歳から何歳までに飲めば良いのでしょうか。公式の情報では、「基本的には離乳食が終わった頃から飲んで大丈夫」とのことです。つまり、個人差はあるもののだいたい1歳半を超えたあたりから与えてよい食品になります。ただし、離乳食が終わってすぐの子の場合は、スプーン1杯程度の量から始めたほうが良いです。

 

幼児期を過ぎた小学生や中学生でも、アスミールは飲ませることが出来ます。この時期は、学校で背の順に並ばされたりすることも多いので、自分の身長を気にする子どもも多い年齢層です。実は成長ホルモンが盛んに分泌される時期というのが、この小学生から中学生の時期になるので、この時期に必要な栄養素をきちんと摂取することは背を伸ばすためには非常に重要になります。

 

成長ホルモンの分泌率は、日々の食生活がダイレクトに影響しますので、バランスの取れた食生活に加えて、必要な栄養素をプラスアルファで摂取させることが鍵になってくるわけです。

 

アスミールは小学生から中学生がおすすめ!

つまり、アスミールが何歳から何歳まで飲ませることができるかというと、「与えても問題ない」という点では1歳半を過ぎたあたりから、ということになりますが、「効果的かどうか」という点では、小学校に入ったあたりから中学生頃までにかけて、ということになります。

 

特に小学生低学年の時期は、性差による身長の伸び幅などが曖昧な時期ではありますが、数年後に訪れる成長期のために、「伸びるためのからだ作り」を仕込んでおく必要があるのです。学校の給食や家庭の食事で栄養バランスを整えた上で、背が伸びるために必要な基礎的な栄養を、アスミールを摂取することで体に取り込んでいくのが重要といえます。

 

アスミールの体験レビューも参考にして下さい!
>>アスミール体験

 

page top